1. 英語速読のeyeQ
  2. 良くあるご質問

良くあるご質問

セッションのいくつかだけ部分的にできますか。

eyeQプログラムで学ぶスキルを全部マスターするには、全セッションを実行する必要があります。どんな新しいスキルでも、手に入れるには、何度も繰り返し練習することが肝心です。

セッションを一日おき、オフの日は2点間移動トレーニングを実行することが、最善の結果を得られる方法です。スキルの長期維持について言えば、最後の5セッションを6から8カ月おきに実行して、リフレッシュされることが、お薦めです。

eyeQの効果は長くつづきますか。

もし、読むことやめたり、習得したeyeQのスキルの練習をしなくなれば、やがてそれは低下して行くでしょう。長期に亘って維持するには、いつも練習を続けておくことです。

川村博士によれば、毎日、最初に読むことを始める、その前に練習すれば、また少しずつよくなるとのことです。別の言い方をすれば、たとえ1分でも練習すれば、昔の習慣に戻ることなく、維持できるということです。

最後の数セッションを6から8カ月おきにくり返し練習すれば、長期に亘るプログラムの効果の補強になります。

eyeQは速読プログラムですか。

eyeQは、脳の強化プログラムで、速読はすぐにその効果がユーザーに還元され、計測できます。eyeQが読むスピードを速める点で、速読プログラムとよく言われます。

eyeQと外の速読プログラムの違いは、eyeQが特許の速度変化手法を用いて、ユーザーの脳の処理能力を高めるところにあり、それはユーザーの読書と理解の両方を速くします。

このプログラムを終えた人はどのくらい速くなるのですか。

多くの人が、最低でも速読は2倍のスピードになります。その際の理解力は以前と同程度か増加しております。最後の5セッションを熱心に、くり返し続けるような方々は、高い目標を設定し、獲得することがでます。つまり、実際的な目標を立て、どれ位長い間、あなたが努力するか、に依るのです。

いくつかセッションをスキップできますか、または順序よく実行すべきですか。

最初はスキップしないで、全部を通して実行してください。eyeQは、あなたの処理速度と理解度を上げるため、科学的に設計されています。ですから、あなたの脳が、情報処理をより速くできるようになるには、順序どおり実行することがベストなのです。最初に全部のセッションを終えた後、たいていのユーザーはこの能力を維持または、さらに上げるため、最後の5セッションをくり返し実行します。

どのくらいの頻度で、eyeQプログラムを使いますか。

最善の結果を生むため、皆さんには、一日おきに1セッションを実行し、オフの日には手早くできるツーポイントトレーニングを実行するよう、お薦めしています。一旦、あなたの眼がeyeQに慣れた後は、毎日1セッションを実行することもできます。

眼が疲れていると感じた場合は、3,4日、eyeQを一時、中断して下さい。それから、前のように、一日おきのスケジュールに戻して下さい。

より速く読めるようになると、理解度は落ちるのでは。

eyeQは最初、焦点を、速読に当て、眼と脳の連係が強化された後、理解度に移行する設計となっています。こういう設計ですから、多くの人は、最初の段階で理解度の低下を経験します。

でも、脳細胞ネットワークが整い、眼と脳の連係が強化されると、eyeQ使用前より、理解度は上がってきます。

eyeQは眼にどのように影響するのでしょうか。

情報処理をより効率的にするのに、脳だけを速くすることは不可能で、脳への入り口である眼の力(眼球を支える6つの筋肉の協同による情報捕捉力)を強化しなければなりません。この眼の力が強くなるほど、脳は受信と処理がより良くなります。

眼の力と同等に、眼と脳の連係力が、あなたの読むことと処理の能力を支えています。これが、あなたの眼を鍛えるための、非常にん大きな理由です。

「脳強化プログラム」という意味は何ですか。

eyeQは、私達のウェブサイトのfMRI報告で示しましたように、脳の活力を増大させる、脳強化プログラムです。eyeQによる脳の活性化は、ユーザーに多面的な利点をもたらします。

eyeQユーザーは、大学入試の読み、書き、数学の総合点数で17%以上も点数を上げています。私達は、パソコン打ち込み速度やスポーツパフォーマンスに効果があった、という正式な報告書も受け取っています。

eyeQは脳にどのように影響するのでしょうか。

eyeQは右脳をより活発化させ、読む力に組み込むものです。Infinite Mind社が依頼したfMRI(MRI映像化)調査では、第一に「eyeQトレーニングが、読書中、言語の感覚と認識の両方を促進している」ことが分かりました。

fMRIでは、eyeQのたった1セッション後で脳の中の視覚野と運動性言語中枢が、訓練前より著しく活発になることも分かりました。

このように情報処理に係る重要な部分の活性化に伴う脳の能力増大は、同時に、eyeQの手法が処理スピードと理解の能力を向上させる、とも言えます。

次セッション移行前に、そのセッションの内容は全て読んで理解できているべきですか。

いいえ。eyeQはトレーニングを進めて行くことで、現在のあなたの能力を超えて行くようにデザインされています。セッション実行中は、ただその流れに乗って下さい。最初の12セッションは理解することに集中しないで下さい。

眼と脳の連係が強くなれば、自然に読んだ内容を理解し始めます。一般的に、この状態はセッション8あたりで、始まります。

心の中で、一語ずつ読んでいる癖を止めることができるでしょうか。

もちろんです。eyeQの技術は、そのようにデザインされています。eyeQの効果を最大にするため、読むときに、6要素;who,what,where,when,why,how に注意を払ってください。身近な書物で概要把握の練習をすればりっぱな技術となります。これは、一語読みの癖を止める助けになるでしょう。

ストレスは私の速読と理解にどのように影響するでしょうか。

ストレスは読むことと理解を困難にします。なぜか。ストレスは血管を締め付け、脳への血液の流れを遅くし、視野を狭くします。もし、ストレスを感じたなら、ゆっくり深く息を吸って、頭をクリアにし、血液に酸素を補給して下さい。イージィリスニングの音楽を流しながら、リラックスして実行するということも良いでしょう。

eyeQで何か副作用はありませんか。

ある人達は、目の疲れや頭痛を訴えています。これにはいくつかの理由があります。もしユーザーがコンタクトレンズを使用していると、早く眼を動かす訓練の際に、レンズが刺激することがあります。

私達はセッション実行中、コンタクトレンズの代わりにメガネを使用するよう、薦めます。また、あなたの眼の筋肉が、痛かったり、不快だったりする時は、1分間眼を閉じてリラックスすることを忘れないで下さい。

eyeQの訓練を進めれば、あなたの眼筋はもっと強くなり、不快感も少なくなって行くでしょう。近視の学生が実際に眼が良くなって、レンズの調整が必要になったケースもあります。

また、セッション実行中、あまり緊張すると、眼の痛みや頭痛が発生することもあります。言葉を読まないで流れを見るようにして下さい。リラックスして訓練することを思い出してください。脳は単にスクリーンを見ているだけで、より速く処理しようと刺激されているのです。

もし、眼の痛みや頭痛がつづくようでしたら、プログラムを中止し、眼科医に話して下さい。よく診て貰わなければならない眼の問題が潜んでいるかも知れません。

eyeQは英文高速処理のための英語ソフトウェアプログラムです。